スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマチュア ゼフィリストの挑戦

ゼフを始めてからずっと撮りたい画があった。
栗田さんの『ゼフィルスの森』の表紙のような卍飛翔写真である。

ストロボのマルチ発光を試したこともあったが、上手くいかずに諦めていた。
しかし、技術の進化というものか…フリーソフトでこんなことができるようになった。
ジョウザンミドリ卍合成
朝の高原・・・ジョウザンミドリ

ミドリシジミ卍合成
夕方の湿地・・・ミドリシジミ

上のような背景ならよいが、空を背景にすると上手く合成できなかったりする。
他にもピント、蝶の位置、翅の輝きなど、まだ理想には程遠いが、初めて手ごたえを感じることができた。
いろいろ試してみるのはおもしろい♪

それぞれ3枚の画像を「SiriusComp」で比較明合成
ノートリ・若干の画像補正(トーン調整)
レンズキットの18-55mm(18mm)&ストロボ(SB-800)
Sモード 1/2000 ISO500


スポンサーサイト
  • Comment:1
  • Trackback:0

Comments - 1

There are no comments yet.

N  

NoTitle

ゼフィルスの森、の時代はフィルムですよね。
デジタルになって、今はカメラマンの数が圧倒的に増えたと思いますが、蝶の写真が圧倒的に多く撮れるようになりましたが、昔の方(フィルム時代)が記憶に残る作品が多いようにも思います。
 今後は、ビデオからの切り出しで簡単に高画質の連続写真が撮れるようになるのではないでしょうか?パナソニックなら今でも出来るかも?使ったことないですが。
卍巴飛翔は動画で見るのが圧倒的だと思います。
 

2017/07/24 (Mon) 08:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。