スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

じもとざん@雪の鷹ノ巣

じもとざん@雪の鷹ノ巣

春が近くなってくるとソワソワしてくる。
ネットで何度も採集記や撮影記を読み返してはシーズンをイメージする。
みんな楽しそうだな…

ついに我慢しきれなくなってこの時季でも撮れそうな虫を探すことにした。
ということで、ターゲットはルリクワガタ。
場所は地元で唯一記録のある鷹ノ巣山だ。
登山が必要になるが、しばらくフィールドを離れていたのでゆっくり調子を戻していきたい。

まずは林道に到着するが、ここ最近寒かったためか雪が残っている。
目指す頂上付近に雪が残っていると、ルリクワ探しは絶望的になるのだが…
鷹ノ巣山 (14).20150212.0908
OTL

終わってしまった…

でもせっかく用意したので、雰囲気だけでも感じてみる。
鉈斧.20150212.0915
超危険人物!

鷹ノ巣山 (8).20150212.1005
削ってみたが、なんか違う。
もっと他に材が見つかればいいのだが、この雪では見つけられない。

仕方がないので、他の目的に切り替えた。
鷹ノ巣に決めた時点で、考えた目的は以下の4つ。
①ルリクワガタ
②ブナ林の下見
③樹洞の確認
それぞれとても良い虫の生息確認のためである。

まず②は以前から探しているフジミドリのため。
何度も挑戦しているが、成果がでないので今年はアプローチを変えるつもりだ。
鷹ノ巣山 (5).20150212.0956
さっそく昨年の台風で折れてしまったブナを発見した。
卵が探せるかもしれないが、雪が深く天気も不安だったため無理はせず次回に探すことにした。

③は春物カミキリや大きなハナムグリを狙って。
鷹ノ巣山 (12).20150212.0904
これは平山さん向き
鷹ノ巣山 (18).20150212.0939
これは茶色さん向き

深い雪の中を歩き回るのは大変だったが、何箇所かよい場所が見つかった。
これで春以降がとても楽しみになった。

一通り確認を終えたので、昼食を兼ねて休憩をする。
さっそくいただこうと思ったのだが、はしを持ってくるのを忘れてしまった。
昼食20120212.1059
仕方なく持っていたピンセットで食べることにした。
前回何に使ったか覚えていない(クワガタ樹液採集か?)のが怖い。
温かい昼食とコーヒーを楽しんで、山を下りることにした。

山を下りてからは、気の向くままに移動をしてみる。
その途中で、新しい樹液ポイントを発見した。
樹液(5).20150212.1210

そのまま各地の樹液ポイントを回ってみる。
樹液.20150212.1442
ここは今年も大丈夫そう!

樹液 (2).20150212.1538
オオムラサキの生息地だったのだが、ついに破壊されてしまった。
クワガタを採るためなのだろうが、樹皮めくれを破壊すると樹液場が死ぬ。
道具を使って樹皮を壊さないように採れば、何年も楽しめるのに…

あ~そういえばここでヒラタを引っ張り出すのにピンセット使ったんだった。
いかに樹皮を傷つけないようにクワガタを引っ張り出すか、クワガタとの真剣勝負こそ採集の楽しさだと私は思う。
もっと多くの人が自然を傷つけない楽しみ方をしてほしいと思う。

ちょっと残念な気持ちになったが、さらに寄り道した先でアカガシを見つけた。
まさかと思うが、ここで見つけることができたらものすごい発見だ!

やはりフィールドにでると毎回発見があっておもしろい。
最近はさぼっていたのだが、地道な活動こそが大切なのだろう。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。