スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

離島巡り2012~観光ときどき探索Ⅱ~

離島巡り2012~観光ときどき探索Ⅱ~

大満足のお昼の後、今度は北に向かう。

まず向かったのは大池だ。
大東島は沖縄県で最も池の多い島で、この大池は沖縄県で最も大きな池である。
そして最も不思議な池でもある。この池は海とつながっていて潮の満ち引きがあるらしいが、水は淡水。
しかも島の真ん中にあるにもかかわらず、汽水域に生えるマングローブが生えているのである。
もちろんマングローブも見たが、本当の目的はこのコ達。
ハマヤマト 2012.05.01 1259

展望台の周りで飛び回っていた。
午後になると天気は薄曇りとなっていたため、時折の晴れ間に開翅してくれる個体もいた。
ハマヤマト 2012年5月1日

しかしお昼であるため全体的にはもう開翅する個体は少なく、チャンスは少なかった。
たまに開翅していると思って喜んだら、ヒメシルビアだったり、ヤマトだったり…
それでもこのようなチャンスはある。
ハマヤマト 2012.05.01 1254

求愛中なら、オスもメスも開いてくれる最大のチャンスだ!
たまには間違ってオスに求愛しているコもいたりした。
誤求愛ハマヤマト 2012.05.01 1311

さてとこれで開翅も撮れたので、この島に来た目的は完全にクリア!
後は観光しつつ、いい所を見つけたらクワガタに挑戦することにした。

まず北港を見て、その後近くのバリバリ岩を見に行った。
バリバリ岩は岩山の割れ目のことで、巨大な岩山がまっぷたつに切り裂かれている。
これはプレート移動によるものらしく、今でも年間7cmも移動しているとのこと。
バリバリ岩 2012.05.01

岩の間を通って行くことになるのだが、隙間からはダイトウビロウなど南国の植物が生えていて、神秘的な雰囲気がある。岩のトンネルや、一番奥には洞窟のような所もあり、旅人の冒険心をくすぐる場所だ。

冒険心をくすぐる場所と言えばもうひとつ。
南大東には星野洞という鍾乳洞がある。東洋で最も美しいと言われる鍾乳洞でぜひ行ってみたいと思っていた。
受付で懐中電灯と解説が録音されているレコーダーをもらって、さっそく洞内へ。
音が反響する長いトンネルを抜けて、扉を開けるとそこには別世界が広がっていた!
星野洞 2012.05.01

適度にライトアップされている洞内には大小さまざまな鍾乳石がありとても美しい。
ごく細長く形成されたソーダ・ストローと呼ばれる鍾乳菅やカーテンのように形成された鍾乳石などもあり、解説を聴きながら楽しく見学させてもらった。
空港で購入したMAPによると、地底湖を有する鍾乳洞もあるらしく、次回はそちらにも行ってみたい。

ここから東部に移動。
なぜか天気はどんどん悪くなっていっているが、もう観光ルートもほぼ回り終えたので問題なし。
途中の道端では、砂糖を運んでいたシュガートレインの線路の跡を見つけた。
線路 2012.05.01

こういった線路は、まだ島のあちこちに残っているらしい。
あ~そういえばシュガートレイン自体を見るのを忘れていた。

そうして最後の目的地。
東海岸の植物群落へ。私は探さなかったが、フィリピンなどとの関係を示す珍しい植物が生えているらしい。
日本ではここにしかないモノもあるらしく、植物群落自体が天然記念物となっている。
海軍棒 2012.05.01

私は海岸沿いで海軍棒(測量につかったらしい)やその下の海辺のプールを見て回った。
天気が私っぽくなったためか、海はさらに荒れ模様。
近づくと危険なようなので写真を撮ったらすぐにこの場を離れた。

そして宿に戻って、シャワーを浴びて、いよいよ二日目の締めくくり、夕食に向かった。
この日は宿の夕食ではなく、近くのご飯処に行った。
地元にある居酒屋と同じ名前の店があったのでそこに決めた。

大東寿司をまず頼んでから、ご主人に大東でしか食べられないものをと注文すると深海魚を出していただいた。
大東島近くには海溝があるため、深海魚もよく捕れるらしい。
夕食 2012.05.01

今まで食べたことのない食感と味で、非常に美味だった。
噛めば噛むほど旨みが出てくるようで、こんなに美味しい魚があるんだとびっくりしてしまった。
魚が好きな人に大東島は最高かもしれない!

その後は広島から来ている観光客と一緒になったり、地元の方と呑んだりで夜遅くまで楽しく過ごさせていただいた。最後はフラフラになって部屋に戻った記憶はあるのだが、このあたりの記憶が少し曖昧だ(笑)

そして翌日、目が覚めるとすでに時間は9時!
朝食を食べ損ねてしまったが、それより何より…頭がイタイ。
う~ん、楽しすぎて、ついつい飲みすぎてしまったようだ。
加えて外は横殴りの大雨。本当は朝一で開翅を狙おうとも考えていたのだが、寝坊に二日酔い、さらには大雨では完全にゲームオーバーだ。
昨日のうちに開翅が撮れていて本当によかった。

だが今度は別の不安が。
飛行機は飛ぶのだろうか!?

とりあえずチェックアウトは10時なので急いで帰り仕度を整える。
ホテルの送迎バスで空港まで送っていただき、その時を待つ。

那覇からの帰りの飛行機は無事着陸した!
着陸さえしてしまえば飛行機というものは離陸できるものらしいので、これで安心。
さよなら大東 2012.05.01

楽しかった思い出と、たくさんの感謝と共に大東島を後にした。


大東島はとてもいい所だった。
自然もご飯も人もすべてが最高で、最高に楽しい3日間だった。
クワガタやコウモリや、その他の宿題も残ったことだし、また絶対に行こうと思う!
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

島めぐりは飛行機が飛ぶかどうかの心配があるのですねえ、それに雨。
狙いが達成してからの雨で、読んでいてホッとしました。無事に帰広、よかったよかった。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。